ぱっちゃおクラブ

気になったことや、実際のエピソードからみなさんへのお役立ち情報を発信しています

ファンも初見も楽しめるFinalFantasyRecordkeeperを2年続けている感想

      2016/05/31

FINALFANTASYRecordKeeperというアプリ、通称FFRKを配信当初から、ほとんど毎日プレイしています。

約1年8ヶ月になりますが、ここまで長く続けているソシャゲは他にはありません

iPhone photo 113

 

課金しないでも十分に楽しめる!

個人的なゲームの魅力を書いていこうと思います。

歴代のFINALFANTASYに登場するキャラクターがドット絵で使える最大の魅力は

過去のFINALFANTASYに登場したキャラクター達が、

課金をすることもなく、毎週、行われるイベントで次々と使えるようになっていくことだと思います。

(キャラがガチャでしか手に入らない使用だったら、ここまで続けられなかったと思います)

ドット絵のキャラクター

ファミコン、スーパーファミコンをプレイされていた方にはお馴染みだと思いますが、

キャラクターは、みんなドット絵となって、登場します。

400x40000bb

ご存知の方もいるかと思いますが、FINALFANTASYⅥまでは、ドット絵でした。

しかし、Ⅶ以降は3Dになり、ドット絵で再現されることはありませんでした。

とにかくドット絵のキャラ達が、かわいいです。

クラウドやティーダ等のドット絵を見るだけでも価値があると思います。

過去のFFのストーリーがメインになる

プレイ当時の思い出が蘇るFFRKは基本的に過去のFFのストーリーをメインにゲームを進めていきます。

各ナンバリングのダンジョンには、そのナンバリングで、登場した敵やボスが出てきて、音楽も、その当時のものです。

 

きっと「懐かしい!あの時は何歳で、あんなことがあった時に、このFFをやっていたなぁ」という気持ちになれると思います。

 

私は、FFRKが、きっかけで過去のFFをもう一度やってみたり、

やったことのないナンバリングのFFをプレイすることになり、新たな感動を覚えたりもしました。

ATBと呼ばれる過去のFFシステムも搭載

ATB(アクティブ、タイム、バトル)という、

ゲージが溜まったら行動できるという過去のFFの要素も取り入れており、

そのシステムでも懐かしいと感じることができると思います。

iPhone photo 003

アビリティシステム

アビリティ(ファイアなどの魔法)を作る楽しみFINALFANTASYには有名な魔法や装備があります。

魔法はアビリティという括りになりますが、アビリティはオーブという、

毎日切り替わるダンジョンやイベントを進めると手に入れることができるものを集めて作ることができます。

 

威力の少ないアビリティはすぐに作ることができますが、

FFで有名なメテオやアルテマといった強力なアビリティは、

ある程度、長くプレイしていないと作ることができません。

 

そういった強力なアビリティを作ることが楽しみで、

モチベーションにも繋がっていくと思います。

装備はガチャで手に入れる

装備に関してはガチャで入手するのが主です。

運が良ければエクスカリバーやラグナロクなどの有名な装備が手に入り、

1人のキャラが一気に強くなります。

 

ですが、やはり運の要素が強いので、アビリティをつくる為のオーブを集めることをオススメします。

 

ただ、他のソシャゲと比べてもガチャに必要なアイテムを頻繁に配ってくれますし、

良い装備が出る確率も高く設定されているので良心的だと思います。

 

また長くアプリをプレイしているとモチベーションが下がってしまうことも当然あると思います。

そういったときにオーブを集めるダンジョンだけをやっておけば(15分程でスタミナを使い切ってしまいます)

また、やる気のでたときに、遅れをとることなく進めることが出来るのも、個人的には魅力だと思います。

 

まとめ

オススメできるゲームです。

特にFINALFANTASYをプレイしたことがある方、

プレイしたことのない方でも楽しめると思うので、

FFRKを始めてFINALFANTASYの世界でゲームを楽しんでみませんか?

 

スポンサーリンク

 - スマホゲー